TOP
当院について
治療方針
予防歯科
審美歯科
人材採用
アクセス
トップ > 治療方針 最先端の治療法 > リラックスして治療を受けて頂くために
治療方針 > 感染防止 > オートクレーブ  > 位相差顕微鏡 > ADゲル

・感染防止対策

 ウイルスや細菌によって引き起こされる病気を感染症といいますが、病院内でこれらの病気がうつることを特に院内感染と呼んでいます。歯科医院でも、だ液や血液に触れる機会がたくさんありますから、これらの病気は全く無関係とはいえません。

 当院ではこれら感染防止に関する設備や治療システムを充実させていますので紹介したいと思います。

 まず、口の中で使用する器具は、消毒薬や加熱処理によって滅菌したものを患者さんごとに用意していますが、いかに完全滅菌するかが感染防止のポイントになります。
  当院ではこの消毒剤として「超酸化水」という非常に強力なものを使用しています。 「超酸化水」はあらゆるウイルス、細菌に対して有効ですが、その強力さゆえに器具がさびやすく交換が早く、また超酸化水を作る機会も高価なため非常に経費がかかります。そのため実際に導入している医療機関はまだ少ないようです。

  また歯を削る時には口元に「フリーアーム」と呼ばれる大きな掃除機のような機械をおいてバイ菌や小さなゴミを吸い込んでいますが、これも衛生的で院内感染防止に非常に有効です。当院自慢の機械のひとつです。

 感染防止設備の徹底はコスト高などの理由から非常に難しいのが現状ですが、少しでも患者さんに安心して、また快適に治療を受けていただけるように心がけていきたいと思います。

PAGE TOP

・オートクレーブ(高圧蒸気減菌器)

歯科医療は感染の問題がよく話題になります。当医院ではオートクレーブをはじめ、超音波洗浄機や超酸化電位水などをいち早く取り入れ、治療器具の消毒・減菌には充分留意しています。こういった機器の進歩はめざましいもので、より使いやすく、便利になっています。

オートクレーブ

PAGE TOP

・位相差顕微鏡

口腔内には、約1億3千万の細菌が生息しています。
細菌が歯周病や虫歯といった歯を失う原因となっています。
当院では、位相差顕微鏡を使用し細菌の種類や量を観察します。
あなたの口腔内は虫歯菌?歯周病菌?どちらが多く潜んでいるでしょうか??

無償でご覧頂けますので、ご興味のある方はスタッフまで!!

PAGE TOP

 

・ADゲル

歯を削った面にADゲルというゲル状の次亜塩素酸ナトリウムによって殺菌・消毒し、二次感染を防ぐ予防措置です。
例えば、根の治療や詰め物・被せ物等の処置前に使用します。

他院では、取り入れているところは少なく、当院では患者様からの負担を一切頂くことなく行っております。

PAGE TOP

 

誠寿歯科医院
〒985-0853 宮城県多賀城市高橋二丁目19-20
TEL: 022(368)5588
FAX: 022(368)6184

 

(C)2009-2015 Syuwakai All Rights Reserved